Featured

保育士の新たな活躍の場

保育士の資格を持っている方の就職先と言えば
まず思い浮かぶのが保育園ですね
その他にも企業内保育室や託児所などもそうでしょう
 

最近増えてきたのが一時預かりの区などの行政が
企業や社福に運営委託する一時預かり保育所です
 

少子化対策の一環でここ数年飛躍的に増えてきた保育園ですが
その理由として働きたいのに子どもを預ける場所がない
働けるのであれば金銭的に余裕ができるのでもう一子産みたい
ということも含めて始まった施策ではないでしょうか
 

しかし子育てが大変でもう一子増えると・・・
という母親が増えているようです
その理由として多いのが例えば身近にどちらかの両親がいれば話は別ですが
そうでない場合、母親の息抜きがまったくできず
子育て疲れからもう一人欲しいという意欲が沸かないらしいのです
 

港区では新しい試みとして母親に息抜きを積極的に推奨し
母親をサポートすることで子どもを産みやすい体制作りをしているようです
 

一時預かり保育室をはじめて利用するママさんは
「自分は酷い母親ではないか」「母親はこでなきゃいけない」といった
既成概念から子どもを預けて息抜きをすることにとても罪悪感があるそうです
したがってそこで働く保育士は預ける事は決して悪いことではない
ということをまず丁寧に伝えるそうです
 

実際リフレッシュしたママさん達は新たな気持ちで子どもに向き合える
ようになるととても好評らしく、もう一子欲しいという意欲が
沸いてくると話しているそうです
 

港区は財政的にゆとりがある行政ではあるでしょうが
他の区でも一時保育の施設が増え始めているようです
 

保育園を作るだけではなく子どもを増やす施策も積極的に
推し進めないと大変な事になることは誰にでも分かる事です
子育ては個人でするのが当たり前の風潮を変えて
社会全体で産みやすい育てやすい環境を整える時期にまで来ているようです
今後は保育士の求人も色々な施設が募集する時代になるかもしれません

 
保育士求人・保育園求人の保育士ランド

日本特有の保育の仕方

日本の保育園と欧州など外国の保育園は相当違うという話を聞きました
そもそも日本と欧州といか白人文化では子どもと言えども
一人の人間として幼児位から接する文化があるようです
個人を尊重し自己責任の文化ならではと思います
 

日本の保育園では子ども用のスプーンやフォークを使いますが
オーストラリアでは大人用のスプーンやフォークを使わせるようです
普段から家でも大人と同じ物を使わせているらしいので
小さい子も普通に短く持って使えるそうです
 

日本では家庭でも専用の小さい物を買ってきて使わせますが
本来はあまり子どもにとっても使い勝手が良くないのか
ある年齢になると大人と同じサイズのスプーンを使いたがります
きっとすくえる量が少ないので面倒なのかもしれません
 

また日本では過剰なほど怪我に対してケアをしていますが
例えばデンマークの保育園では怪我をしても保護者も保育園に一切文句は言わないようで
怪我をしたのは自分の不注意のせいだからしょうがないというのが基本姿勢のようです
 

さすが自己責任の文化が幼児の頃から徹底されているのには驚かされます
ひるがえって日本はというとあまりにも過保護にしている側面もありそうです
実際怪我をして覚える、転んで覚えるそうやって失敗を糧に
人間は成長するものですから、最初からあまりにも神経質にするのは反対です
 

韓国で保育士が暴力をふるっている映像が流出して大問題になっていますが
保育士が暴力を振るうのは断固反対で絶対にやってはいけない事ですが
そのことと混同してはいけないと思います
とかく日本ではそういう暴力行為と元気に怪我を気にせず遊ばせることを
混同して論点をすりかえる人が多くいますが
子どもには怪我を気にせず思いっきり遊ばせてあげたいものですね
 
もちろん怪我をしない対策は十分にした上での話ですがね
 

今後ますます混沌としてくるであろうこの世界で生き残っていくためには
やはり精神的にも肉体的にもタフな人になるしかないわけですからねかいが

保育園にも各自の棚がある

 
保育園などでは、一人ひとりの子ども用に棚が用意されているようです
小学校の時にも、教室の後ろの方に、個人個人用の棚のようなものが、区画されていましたよね
その中に、絵の具であったり、習字の道具などを入れて置いたような気がします

 
保育園や幼稚園だと、カバンであったりリュックなどを入れるのでしょうか?
それ以外にも、バスタオル、食事用エプロン、オムツ、着替えの洋服、パンツ
汚れ物入れ、ビニール袋、カバー類などになるのでしょうか?

小さいときは、週始めや毎日親が入れ替えたりするのでしょうが
3歳位から自分で入れ替えさせるように教育すると聞きました
確かにその頃になれば、まだ、物事の善悪に関しては怪しい部分もありますが
自分の事は自分できるように教育する事は大事かもしれませんね
 

また、周りが同じ歳の子どもができているのに、自分ができないと悔しいという気持ちが芽生えたりするので
それも成長過程においてとてもいいことなのかもしれません

 
親は周りの人たちは、そんな時は手を出さずに見守るのが大事で
時間が掛っても自分でやることが重要なテーマとなります
まず最初は、決められた場所に物を置く事から始めれば
次第にちゃんとできるようになり、整理整頓さえできるようになるかもしれません

 
逆を言えば、親はいくら忙しい日常を過ごしていたとしても
しっかりと家の整理整頓しておかないといけませんよね
子どもは親の姿をみてマネをしますからね(笑)